商品

お買い物ガイド

手応え120%!! 「ほや唐」の真実w

どちらも唐揚げにした状態での比較です。

みなさん、何をどう感じますか?

実は、ほやぶんが一番「えっ?」と思ったのは食塩の部分。

「おっ!」と思ったのは鉄分と亜鉛です。

カロリ−、コレステロ−ル、脂質等に関しては「そりゃそうだ」なのですが、、

〇塩分については、、

「鶏にそんなに塩分があるのか?」と誰しも思うはず、、

実は、唐揚げになるまでの行程に謎を解くカギがあるのです。

そうです、、鶏の唐揚げには「調味液に漬けこむ」と言う行程があるのです。この調味液を吸わせてから片栗粉をまぶして揚げる訳ですから、当然、液中の塩分も吸い込み、唐揚げとしての塩分は上昇します。

一方の「ほや」はどうか??

無論、ほやは海中生物です。海水の塩分濃度相当の塩分は「ほや」自体が持っています。余程、真水にでも漬け込んでおかない限り、間違いなくそれ相当の塩分量はあります。

しかし「ほや唐揚げ」の場合、作業工程(と言っても切るだけ)上で塩を振ったり、調味液に漬けこんだりする事はありませんので、そこから上昇する事はありません。

なので、最終的にはほぼ同等の数値になっているのだと思われます。

しかも、鶏の方はNACL。ほやの方は海水由来のミネラルたっぷり塩です。

〇鉄分について、、

このデ−タ、是非、ご覧下さい。鉄分の多い食材は「レバ−」が特に有名ですが、、

この表にある鉄分食材オールスタ−の中に「ほや」の文字があります。素晴らしいですね^^

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/iron.html

〇亜鉛

こちらも堂々の上位に「ほや」があります。

おそらく、この表にある食材の中で、ブッチギリで食べられている量は少ないはずですが、、ちゃんと掲載されています。

こちらも素晴らしいです^^

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/zinc.html

 

「だから食え」と言っている訳ではありません。

食材としても非常に優秀なのだと、頭の片隅にでも置いて頂ければOKです。

でも、、

「美味いから食え」とは声を大にして言いたいですね(笑)

 

取扱希望の飲食店さんは是非ご一報下さい。

仙台市内では、仙台朝市の「カネシメ水産」さんで取り扱いが始まりました。(小売可)

また、仙台中央卸売市場では蠕臑羶綮困気鵑離哀襦櫂廚納茲螳靴い鬚靴討ります。(小売不可)

メニュ−として取り扱うお店も徐々に増えていますが、まだまだです。

ホヤラバ−各位の口コミ、拡散だけが頼りです。

是非是非、宜しくお願い申し上げます

 

 

 

 

 

コメント