商品

お買い物ガイド

お蕎麦屋さんの「天ぷら」を考える。宮城の蕎麦屋さん!ぜひ 伊達前をネタに!

諸説ありますが、、

蕎麦屋さんの天ぷらが「海老」である理由、、

それは、「江戸前で「海老」が獲れたから」との説が有力です。

(見た目や、彩、長寿神話もありますが、、)

 

寿司と並んで蕎麦は江戸時代のファ−ストフ−ドw

しかも江戸前には天ぷらネタも豊富だった訳です。

海老の他にも、アナゴ、キス、ハゼなどなど、鮮度の良い地のネタが、手軽に入手できた事!

これがそもそもの理由と言われています。

ですので、江戸から波及した全国の蕎麦屋さんの天ぷらネタも「江戸前」が基本なんですね、、

(寿司と同じです)

 

そこで提案、、

「江戸は遠くなりにけり。」 江戸前の手法はそれとして、、

各地の地物の天ぷらネタを使うってのはどうでしょうか??

 

伊達前の「天ぷらネタ」

「ほや天」どうでしょう??

絶対に理にかなっていますし、食べて応援にもなります。

ほやぶんは、旬の時期に収穫したホヤを、天ぷら仕様に処理した物を、一年中供給する仕組みを作っています。

是非、一緒にビックウェ−ブを巻き起こしましょう!

チャレンジャー求む!!

宮城の蕎麦屋さん、、若旦那!! 

ご連絡お待ち致しておりますw

 

ほや天ぷらbyほやほや屋

 

ほやネギかき揚げbyほやほや屋              天ぷら盛り合わせby高松勅使(アウトレットM仙台新港)