商品

お買い物ガイド

お蕎麦屋さんの「天ぷら」を考える。宮城の蕎麦屋さん!ぜひ 伊達前をネタに!

諸説ありますが、、

蕎麦屋さんの天ぷらが「海老」である理由、、

それは、「江戸前で「海老」が獲れたから」との説が有力です。

(見た目や、彩、長寿神話もありますが、、)

 

寿司と並んで蕎麦は江戸時代のファ−ストフ−ドw

しかも江戸前には天ぷらネタも豊富だった訳です。

海老の他にも、アナゴ、キス、ハゼなどなど、鮮度の良い地のネタが、手軽に入手できた事!

これがそもそもの理由と言われています。

ですので、江戸から波及した全国の蕎麦屋さんの天ぷらネタも「江戸前」が基本なんですね、、

(寿司と同じです)

 

そこで提案、、

「江戸は遠くなりにけり。」 江戸前の手法はそれとして、、

各地の地物の天ぷらネタを使うってのはどうでしょうか??

 

伊達前の「天ぷらネタ」

「ほや天」どうでしょう??

絶対に理にかなっていますし、食べて応援にもなります。

ほやぶんは、旬の時期に収穫したホヤを、天ぷら仕様に処理した物を、一年中供給する仕組みを作っています。

是非、一緒にビックウェ−ブを巻き起こしましょう!

チャレンジャー求む!!

宮城の蕎麦屋さん、、若旦那!! 

ご連絡お待ち致しておりますw

 

ほや天ぷらbyほやほや屋

 

ほやネギかき揚げbyほやほや屋              天ぷら盛り合わせby高松勅使(アウトレットM仙台新港)

 

伝える事がいかに大事か!と言う話。

「ほや」に携わってほぼ半年、、

短時間の割には、かなり活動した感がある。

●「ほやほや屋」の開業(2017.11)〜店舗でのメニュ−提案、飲食店さんへのプレゼン

https://www.facebook.com/%E3%81%BB%E3%82%84%E3%81%BB%E3%82%84%E5%B1%8B-159129861343036/?modal=admin_todo_tour

●「ほやしゃ部愛好会」開催(今月で9回目、来月は記念すべき10回目)

https://www.facebook.com/%E3%81%BB%E3%82%84%E3%81%97%E3%82%83%E3%81%B6%E6%84%9B%E5%A5%BD%E4%BC%9A-314245725711919/

 

↓一貫して訴え続けて来たのはこの2点↓

「旬のホヤを水揚げ直後に処理し、冷凍すれば、一年間美味しく食べれれます!」

「ほや酢や刺身だけではなく、加熱しても美味しく食べられます!」

絶賛販売中です!!

http://hoyahoyaya.com/?mode=cate&csid=0&cbid=2347023

 

やってみてわかる事..

自分達の力の無さ.. 休みなく走り回っている割には、本当にさざ波程度にしか広がらない現実..

今まで何もして来なかった事実.. 業界として携わって来た全ての人達は、もっと真剣に「伝える」事の大切さを知るべき..

ちゃんと伝えない事が「ほやは臭くて、癖が強くて、嫌い」に繋がっているんですよ..

 

ちゃんと伝えようよ!

もっと知ってもらおうよ!

今、一生懸命にここのところやってます。

例えば今週..

15日(火)東京経済大学にて 10:30〜  14:40〜 講義で約180人の学生に「ほや」の美味しさ、「食べ方」を伝える。

      蟾駟にて 16:30〜 売り込み

      辻堂「なぎさ」(飲食店)で「冷凍の剥きホヤ」を使ったデモw

16日(水)湘南工科大学にて 9:00〜  13:00〜  講義で約150人の学生に「ほや」の美味しさ、「食べ方」を伝える。

      16:00〜東京にてバンコックの日本食材問屋さんのW社長と商談(Thaiへの「ほや」輸出の件)

      18:30〜横浜市にて「浦霞とほやを楽しむ会」実施に向けた打ち合わせ&「ほやしゃぶ」実食

      (9名参加 2名は今日がほやデヴューでしたが、大絶賛でした)

17日(木)東京都内の食品問屋へ売り込み!(2社)9:00〜 大手 居酒屋チェ−ンさんへ直談判。13:00〜

      14:00〜「栄養と料理」の取材を受ける。9月号に掲載されます。

      15:30〜神田「助六」(居酒屋)さんに売り込み。

      16:30〜全農さんチ−ムの会合に飛び入り参加させてもらい、「ほや刺し」「ほや串焼き」「ほや天ぷら」「ほやチ

      ャンジャ」を試食してもらう。 好きな人はもっと好きにw 嫌いな人も「これなら大丈夫」にw

      参加した甲斐がありました。

      19:30 東京を離れ帰塩,,

これ、、本当に本当の3日間のスケジュ−ルです。 

それぞれの内容をブログに書いたら大変な事になるので、概要だけにしますが、、、

 

学生の反応(講義の内容に関するアンケ−ト)に沢山のヒントがありましたw

この世代(20代前半)に伝える事が大きな波を起こす事に繋がるかも知れません。

時々、書いてる単語が分からなかったりしますけど、、まだ何とかついて行けそうです。

 

これだけ動き廻って、サンプル提供して、3日間の売上ゼロ円です。

でもこれからもずっと、力の限り、動き続けます。 そうしないと伝わらないからw

絶対に救う。ビッグウェ−ブを巻き起こす。

それまでは、ホヤラバ−の皆さんの応援だけが支えです。

 

ほやラバ−ズ倶楽部

http://hoyaloversclub.strikingly.com/

 

明日と明後日、、、二つの大学の教壇に立ちます。

縁は異なもの味な物。

人と人の繋がりって本当に不思議です。

「ほや」が取り持つ縁で、明日は東京OO大学で、明後日はOO工科大学で、、

若い世代に「ほや」を知ってもらうチャンスを頂きました。

 

そう言えば、、「ほや」って繋がってるんですよねw

ラバ−ズも広がれ〜〜〜〜〜〜

http://hoyaloversclub.strikingly.com/

 

ほやぶんの取組、、朝日新聞で紹介される!

GW真っ只中で、、様々な話題に埋もれてしまった感があるのですが、、、

実は朝日新聞さんの宮城県内版にこんな風に取り上げられていました。

(下記ご参照)

 

「ほや」の消費を増やそう! もっと食べよう!

イベントに集まろう! 美味しさ伝えよう!

などなど、、昨今、盛んに盛り上がってはいますが、、  実数は変わっているのでしょうか??

もっと地に足を付けた取り組みをしなければ、掛け声倒れになりはしませんか??

と、ほやぶんは思う訳です。

 

具体的には、、、、、

1.新製品開発

2.ほや買付

3.使途向けに加工

4.販路開拓

5.食べ方の提案(イベント、展示館参加)

6.営業活動

これらを同時に、きちんとこなす事が大事です。

特に、「仕入」「加工」は旬の限られた1ヵ月(7月)に集中して行う必要があるのが、「ほや」と言う食材の悩ましいところではあります。

そして、零細企業たった一社の限られた予算では、やったのかやってないのか分からないレベルで終わってしまうのが現実問題なのです。

 

とは言え、愚痴ったところで何も解決は致しません!!

特に1〜4は、まだ補償がある今シ−ズンに是が非でもやらねばなりません。

 

どうかホヤラバ−の皆様のお力添えをお願い致します。

詳細はこちらに、、(朝日新聞記事)

https://www.asahi.com/articles/ASL413WJ3L41ULFA005.html

 

そして、、

お力添えはこちらに、、(ほやラバ−ズ倶楽部)

http://hoyaloversclub.strikingly.com/

 

拡散 大希望です。

日本中へ! 世界中へ!

伝えて欲しい。

 

 

いつの時代も道を切り拓くのはチャレンジャ−なのです。美人と出会った日。

昨日、、、面白い美人との出会いがありましたw

出会った瞬間にインスピレ−ションを感じるか、感じないか、、

これは人それぞれです。じっと見ていても閃かない奴は閃きませんから(笑)

昨日出会ってしまった美人さんです。  ビビビィ!でしたw

早速、今日から試作ですw あ〜〜楽しみw

 

MARUKOMEさん、実は以前からずっと注目していた会社です。(豆腐業界では相模屋さん)

「味噌業界」と言う伝統食品業界の中で、自分たちの強みを生かし、新しい事にチャレンジする姿勢。

きっと同業他社からは冷ややかな目で見られていたのだろうと、経験上(私の場合は社内でですが、、(笑))、想像がつきますw

昔ながらの伝統的な「美味しい味噌」だけ造っていれば良いのに、余計な事して、、と言われて来たのだろうと容易に想像がつきます。  しかし今、、私の知りうる限りでは、伝統だけを守り、過去の小さな成功体験だけを「正しい」としてきた味噌屋さんは、次々と駄目になっています。 まあ、味噌業界に限った話ではありませんが、、

チャレンジ(投資)なくして進歩なし! (決して無謀なチャレンジではいけません)

先祖がえりで成功した企業はゼロです。

どんなに美味しいくなった!!と言われても、、今どき、「粉ジュ−ス」飲みますか???(笑)

https://www.youtube.com/watch?v=JIK2l6BVP48

 

 

 

 

「ほやほや屋」のコンセプト(存在意義)。

「気になってたのよね〜〜」と言われ続けている「ほやほや屋」w

でも入ってみたら、すっかり虜になってしまう「ほやほや屋」w

これは一度、どうしても、入ってみなきゃですねw

 

↓ほやほや屋のコンセプトです。↓

一度はおいでよ「ほやほや屋」w

「ほやチ−ズ春巻」生みの親は、中華の鉄人!山ちゃん。 

もうすでに、耳蛸だろうし、、

画像も見飽きているとは思うのですが、、

「ほやほや屋」と言えば「ほやチ−ズ春巻」!!になりつつあります。

未だ食べていない方は、一度は食べてみるべきでしょう、、

そして、皆さん、それを開発した山ちゃん(山内さん)を知っているでしょうか??

その昔、塩釜埠頭の先っぽにあった「仙台屋食堂」をご存知の方なら...「あっ!」とか、「えっ!」とか「おっ!」とか、必ずおっしゃるはず、、

そうなんです、あの山ちゃんなんです(笑)

実は「ほやほや屋」は、ほやのメニュ−以外の「五目焼きそば」や「牛 大根カレ−」が美味い店としても知名度が上がっているのですが、、何を隠そう、仙台屋食堂の山ちゃんが調理人なのですから、「そりゃそうだ!」な訳なのです。

 

証拠写真ご覧に入れます(笑)

山ちゃん繋がりの皆様、是非、お店に来てご確認下さい(笑)

ほらねw

千客万来! 「ぜひ、伝えて下さい!」とお願いしました。 

昨日の朝、、

北海道の野菜ソムリエの皆様(総勢9名さま)にご来店頂きました。

仲卸市場で勝手丼の朝食後にも係らず、当店で「ほやしゃぶ」を体験して頂きました。

おそらくすでに満腹であったとは思うのですが、、

嫌な顔ひとつせずに召し上がって頂き、「宮城のほやの現状」について耳を傾けて頂きました。

お疲れのところ、またスケジュ−ルの合間にも係らず本当に有難うございました。

そして、沢山のご注文(ほやチャンジャ、むきホヤ)も頂戴し、重ねて御礼申し上げます。

北海道へ行く機会があれば、必ずや何かお返しをしなければ!と心に誓うほやぶんなのでありますw

 

今日明日はGWの疲れを癒すべく「ほやほや屋」はお休みを頂いております。

ほやぶんも、これから温泉に浸かって参りますw

あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜久々だな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

翻訳シェア大歓迎!届け、伝われ、日本中へ!世界中へ!

昨日の投稿に、本当に多くの皆様から励ましやら、応援のお約束やらを頂き、、

朝からウルウルのほやぶんです。

「ほやラバ−ズ倶楽部」http://hoyaloversclub.strikingly.com/

まだまだ小さなさざ波ですが、、近々必ずやビックウェ−ブになるよう、粉骨砕身、頑張って参ります。

とにかく、1人でも多くの皆様の目に留まる事がその第一歩だと思っています。

翻訳して世界に拡散して頂いても構いませんw 

と言うか、、是非、お願い致します。アジア、欧米、オセアニア、アフリカ、中南米、、、

(でもその前に、まずは日本国内、とりわけ地元宮城が動かずしてどうすんだ!なのですが、、)

 

それにしても、、

ジタバタしていると何かにぶち当たるもんですねw 

「ほやしゃぶ会」in東京のご縁で、、今月の15日に東京経済大学で午前午後の2コマ、16日には湘南工科大学で午前午後の2コマ、、W先生の講義の中で「ほや」の悲劇を話す機会を頂きました。

事前の調査によると、平均年齢21歳の学生(上記の2校)の「ほや」の知名度は2%だそうです。

好きとか嫌いとかの前に、、それって何ですか??なのです。

これではいかんだろう!!と言う事で、急遽、教壇に立たせて頂く事になりました。

必死こいて若い世代のファン作りをして参りますw

 

そんなこんなの為に、皆様のお力添えが必要ですw

「ほやラバ−ズ倶楽部」へのご入会、心からお願い申し上げます。

http://hoyaloversclub.strikingly.com/

 

 

満を持してついに!!「ほやラバ−ズ倶楽部」立ち上げw

宮城の宝物「ほや」を守るべく、ついに立ち上げました!!

もう「さざ波」じゃダメ! 「ビックウェ−ブ」にしないと!!

 

この半年間、「ほや」に係りつづけ、色々と見聞きして来ました。

何と言っても大変な一大事な訳でして、、 

それはもう「食べよう!」「使おう!」「広めよう!」の旗があちこちで振られ、イベントには人だかりが出来ています。

が、、、、、問題なのは、、、、

それが消費に繋がり、ひいては漁師さん達の不安を払拭できるほどの数字になっているのか??って事なんです。

実は、ほやぶんは商人(あきんど)人生33年、、 商人から見ると本当に「??」が多いのです。

それらが決して無駄って事ではなく、、きっと何かに役立っているのは間違いないとは思うのですが、、

★例えば東京の銀座や大手町で、大阪の御堂筋で「蒸しほや」を試食させて、いったいどれほどの消費(売上)に繋がっているのか?って事なんです。 タレントやイベントに多額の経費を掛けて、テレビで取り上げられる事が消費に繋がるんですか??って事なんです。

今回、立ち上げた「ほやラバ−ズ倶楽部」には明確な消費目標があります。

会員へリタ−ンされる「ほや製品」全てが、漁師さんや加工業者の収入となるのです。

会員1名に平均約1kgのほや製品(むきホヤ、ほやチャンジャ、蒸しほやetc)が返礼の品としてリタ−ンされます。

会員が1000人になれば1tの製品が、、つまり殻付の「ほや」に換算して10t近くの消費に直結するのです。

1万人、10万人になればどうなるでしょうか??100t、1000tはそれだけで消費されてしまいます。

もちろん相乗効果だって絶対にあります!!

銀座で配ってる場合じゃないと思うのです(笑)

 

今年度の目標は1000人です。

詳細はこちらをご覧頂き、我こそは!と思われる方は、是非とも仲間に入って頂きたい!!

「ほやラバ−ズ−ズ倶楽部」2018年会員募集

http://hoyaloversclub.strikingly.com/

 

誰かが救う。のではなく、「私達が救う。」が合言葉です。

ほやラバ−諸氏の熱い思い、お待ち致しております。